■ 名   称 特定非営利活動法人 日本・アジア芸術協会 

■ 所 在 地 ○事務局・スタジオ: 〒134-0003 東京都江戸川区春江町5-21
  TEL/FAX: 03-3687-6677  携帯: 090-3598-9415 (秋元)
 
■ホームページ http://www.j-asia.jp/

■ 設立趣旨
1986年,日タイ芸術協会として設立以来、主にタイ舞踊を通じて新しい舞踊芸術の発展及び両国の友好促進の一翼を担うべく活動してきた。創設当初よりアジアに舞踊交流の輪を広げて行きたいと願い、1997年に主催した『アセアン設立30周年記念東南アジア10カ国及び日本合同舞踊公演/虹の舞・特別公演』より日本・アジア芸術協会と改名し、アジアの舞踊家との交流活動を開始した。
顧問として、タイ芸術局最高顧問のアウット・グアンシュークリン氏、文学博士の三隅治雄氏を迎え、理事長のタイ舞踊家、秋元加代子を中心とし、秋元加代子タイ舞踊団とアジアの舞踊家との交流及び舞踊家の招聘、舞踊制作等を軸として活動している特定非営利活動法人である。

■ 活動内容 ○ アジア各国の芸術公演のプロデュース、及び日本とアジア舞踊家との共同制作と文化交流
○ 秋元加代子のタイ舞踊についての講演会、講習会
○アジア各国のアーチストの招聘および、日本からの派遣事業
○アジアの子どもたちとの「子どもの舞踊交流」事業

■ 受賞歴 2004年 外務大臣表彰

■ 主な国際公演活動 1987年9月 日タイ合同制作 日タイ修好百周年記念公演「マノーラ」(日本、タイ国立劇場,他)
1989年8月 日タイ合同制作 新作「ストーン物語」(タイ文化センター)
1992年1月 日タイ合同制作  シリントン王女殿下誕生記念公演「虹の舞・パート1」(タイ文化センター)
1992年8月 日タイ合同制作  シリキット王妃殿下還暦記念公演「ストーン物語」 (日本、タイ国立劇場、他)
1995年6月 日タイ合同制作  タイ国王陛下50周年記念公演「虹の舞・パート2」(タイ文化センター)
1995年9月 世界舞踊フェスティバル「阪神淡路大震災チャリティー公演」参加(オーストラリア・パース)
1996年9月 日タイ合同制作 タイ国王陛下50周年記念公演「虹の舞・パート3」(日本国立劇場)
1997年9月 東南アジア10カ国を代表する舞踊団を招聘
アセアン設立30周年記念公演「虹の舞・パート4」(東京厚生年金会館)
1998年5月 ミャンマー舞踊、タイ舞踊、沖縄太鼓の共演
「日本の中のアジア 舞99−月姫伝説」(江戸川区総合区民ホール)
1999年11月 日タイ合同制作 タイ国王陛下72歳慶祝文化行事
「虹の舞・パート5−ファンタスティック タイ舞踊」(タイ国立劇場)
2000年7月 秋元加代子タイ舞踊団自主公演
(タイ王立舞踊団員パチャラー・ブアトーンとの共演)創作舞踊劇『アメージングタイダンス2000』
(東京江戸川区総合区民ホール)
2001年7月 虹の舞・新世紀公演
(タイ王立舞踊団との合同舞踊公演)『虹の舞 パート6・名人芸 ラーマキエンとアジアボレロ』
(タイ国文化センター)
2001年11月 日本・アジア芸術協会新世紀公演
(タイ王立舞踊団との合同舞踊公演及び鄭 明子韓国舞踊団、コンテンポラリー・ナティアム・カンパニーとの共演)『虹の舞 パート7・ラーマキエンとアジアボレロ 日本公演』
(東京ゆうぽうと簡易保険ホール)
2002年10月 秋元加代子タイ舞踊団自主公演
創作舞踊「アジアサロメ」 (東京江戸川区総合区民ホール)
2003年11月 舞KAYOKO 〜アジアの心を舞う〜
【平成15年度文化庁芸術祭参加公演】(江戸川区総合区民ホール、小ホール)
2003年12月 日本・アセアン交流年・特別記念公演
「虹の舞・バンコク公演」(タイ文化センター)
東南アジア10ヶ国より一流舞踊団を招く
秋元加代子タイ舞踊団も共演・他小野雅楽会
2003年12月 日本・アセアン11カ国による 至宝の舞 アジア黄金絵巻
【虹の舞パート8】(東京国際フォーラム)
2005年2月 スマトラ沖地震・津波救済チャリティー公演「愛と祈りのロンド(円舞曲)」(日本橋劇場にて)
2006年6月 特定非営利活動法人として東京都より認可される
2006年11月

プーミポン国王陛下御在位60周年記念特別公演
「虹の舞パート9羽衣伝説・二都物語」(東京国際フォーラム ホールC)

2007年8月 アセアンセンター主催「アセアン40周年記念ガラディナー」アトラクション構成・演出
2007年9月

日タイ修好120周年記念特別公演
「虹の舞パート10羽衣伝説・二都物語」(タイ・スパンブリー国立劇場)

2007年11月 日タイ子供舞踊交流(東京都中央区立泰明小学校)
2007年11月

第3回ランナー・ジープン交流祭 日タイ郷土舞踊交流公演「美しい日本とタイを舞う」(チェンマイ舞踊学校シアターホール)/日タイ盆踊り・花火大会(三王像広場) 主催

ラオス日本舞踊交流(ラオス国立大学) 主催

2008年10月 平成20年度文化庁芸術祭参加芸術文化振興基金助成事業
日中韓共同制作 楽劇「KONKICHI」 主催
2009年1月 日メコン交流年2009認定事業 『「伝統文化を通じて国際性豊かな青少年を育てるプロジェクト」事業 主催
〜日本とタイの伝統音楽・舞踊の比較ワークショップ 「和樂you」タイ王国派遣公演 (タイ国立図書館、ワチラーウータルソーン・ホール)
2009年12月 日メコン交流年2009認定事業 「日メコン交流年2009記念公演 『虹の舞 〜ロマンきらめく豊穣の舞 大河から大海へ〜』 (虹の舞パート11)主催 (東京国際フォーラム ホールC)
2009年12月

日メコン交流年記念・日タイ民族舞踊公演「輝け、ふるさとの舞」 主催(ホリデイ・イン・ホテル、チェンマイ国立舞踊学院ホール、パヤップ大学) 民族舞踊聚団NIPPON・江戸大神楽派遣

2010年11月 日本ラオス外交関係樹立55周年・首都ビエンチャン遷都450年記念公演・ 第6回ランナー・ジープン交流祭「ハートフル・ジャパン 〜サムライ・和のこころ、曲芸・和のあそび〜」(ラオス共和国ビエンチャン武道館・タイ王国チェンマイ市)  江戸太神楽・柳生新陰流春風館道場派遣
2011年12月 タイ王国プーミポン国王陛下84歳記念 日タイ親善午餐会を開催、タイ王立舞踊団との舞踊交流を実施。 (東京都 ホテルグランパシフィック LE DAIBA)
2012年2月 タイ王国プーミポン国王陛下84歳記念日タイ合同舞踊公。演「虹の舞(part12) 新生 大地の響き」 主催。(タイ王国バンコク国立劇場) 
2012年4月

WTTC(世界旅行ツーリズム協議会)東京ガラディナーに5カ国(中国・韓国・タイ・インド・日本) の舞踊公演の制作を担当。((中国・韓国・タイ・インド・日本) )

2012年6月 東京中央区立泰明小学校において、子ども交流の一環としてタイの伝統音楽と舞踊を紹介。 



このページの先頭へ