タイ芸術局とタイ王立舞踊学校より、外国人として初めてタイ舞踊家として認められた秋元加代子。その秋元加代子が主宰するタイ舞踊団です。
秋元加代子率いるこの舞踊団は、タイ芸術局とタイ王立舞踊学校から公認されている日本で唯一のタイ舞踊団です。この舞踊団の最大の魅力は、タイ王立舞踊学校の教授陣と一流舞踊家から定期的な研修指導を受けている事です。また他の舞踊団では類をみないタイ国との深い信頼関係は実績が物語るところです。
年に1度タイ舞踊基礎技術検定試験があり、タイ王立舞踊学校教授陣と秋元加代子の審査により合格するとタイ芸術局より認定証が授与されます。
1987年の日タイ修好100周年記念「マノーラ」を契機にバンコク、東京を中心とし、定期的にタイ王立舞踊団との共演を重ねております。
長年に渡る日・タイの文化交流を推進し、また東南アジア10カ国を代表する舞踊団とともにアセアン設立30周年記念公演に出演するなど、華やかさと実力を兼ね備えたパフォーマンスは国内外の舞台関係者からも高く評価されています。
独自の定期公演にも力を注ぎ、TV・舞台などにも数多く出演し、幅広く活躍しています。
近年では、秋元加代子演出、振り付けによるコンテンポラリー・ダンスと創作舞踊にも挑戦し、タイ舞踊の新たな可能性を広げています。
 





名 称 秋元加代子タイ舞踊団

主 宰 秋元加代子

創立年月日 1980年6月6日

主な公演実績 日タイ修好100周年記念公演をはじめ、タイ国王陛下御即位50周年記念公演、アセアン設立30周年記念公演、タイ国宝陛下72歳慶祝記念公演、『虹の舞』シリーズ、自主公演等多数。

※詳しくは公演実績のページをご覧下さい。


秋元加代子タイ舞踊団ソリスト紹介 
2010年11月23日(祝日)東京都江戸川区タワーホール船堀にて発表会を行いました。生徒達1年間の練習成果をお招きしたお客様にご披露する場でもあります。
今年は、古典舞踊「シィーダー姫」の踊りや「ラバム・ヨギッ」、民俗舞踊は東北地方の「ガラシン」の踊りなどを織り交ぜ多数ご披露いたしました。今年もたくさんのお客様にお越しいただきました。ご入場いただきましてありがとうございました。
大塚弘美 (シィーダー ソンクルーアン)
島貫裕子 (チュイチャーイ スラバナカー)
山田美智子・薄真理子 (ラバム・ヨギッ)
清水純子 (ラム マノーラー ブイチャイヤン)
昆野浩子 (ナンチャン トロッポーン)
(ラム プレーン ガラシン)

ページトップへ